mionote’s blog

猫と音楽とミステリー、映画が好きです?

映画『東京喰種』

観に行ってきました!8月1日くらいに!(すでに記憶が遠い)

自分のなかのちょっとした決まり事で、どんな映画でも見終わったあとに感想をまとめるなら好きなだけ観て良いってことにしてます。この春に仕事を変わって文章をまとめなくてはならない機会が増えたので、楽しく考えをまとめる機会も増やしてしまおう……という魂胆。初っぱなから大こけしております。ハードルを上げすぎてしまったかな……あれこれ考えすぎるとダメですね。

閑話休題。映画、すっごく良かったです。主演の金木役:窪田正孝さんが好きで、配役が公開されたときから映画を楽しみにしていました。不勉強ながら存じ上げなかったのですが、原作はベストセラーの漫画コミック。映像化ということで、製作陣には並々ならぬプレッシャーがあったことと思われます。そんななか、原作者さんが主演のキャスト陣を強力に推してくださる素敵なコメントを出してくださっていて、なんというか映画に対する期待値が上がったとともに、原作者さんへの好感度も急上昇しました。あーこれ絶対に良くなるやつだ!みたいな。そんなこんなで、原作も映画の分くらいは……と読んでみたり、雑誌の付録についた1話の書き直し作品と元の作品とを見比べたり、自分なりに予習して映画にのぞみました。

ここからは少しだけネタバレ。というか内容について話していきますね。まずは、金木くん良かったです。普通の、少し周りより苦労していたり孤独だったりしつつも普通の大学生だった彼が喰種になってしまった衝撃や葛藤、苦悩、そしてそれを受けいれるまで、すごく説得力がありました。そこにいたのは、まさに金木くんだった。それから、リゼさん。ヤバい。怖い。すっごく綺麗。最初の出会いと正体を明かすときの落差がすごい。展開を知っていてなお衝撃でした。そして、それなのに自然。リゼさんだった。あと、トーカ。友だちの作った肉じゃがを食べるシーンが特に印象的でした。なかのひとが宗教の広告塔になってしまったから今後の活動については分かりませんが、もっと彼女の演じるトーカが観たかったなって、ただただ残念に思いました。大泉さんも良かった。四方さん、カッコ良かった。って、書いていくとキリがないですが、全体的に大満足でした🎶🐱✨

映画を観終わった直後は、CGもう少し頑張って……って思ったような。重量感というか、勢いよく振って戻ってきたときの反動がほしかった……みたいなことを感じたような気もしましたが、ちょっと記憶が遠いのと1回しか観てないから定かではないです。そのあたりは、観てみて確かめてくださいな。でも、良かったですよ。☆☆☆