mionote’s blog

猫と音楽とミステリー、映画が好きです?

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』

観てきました!ツイッターで素敵なファンアートを見かけて、内容については深く言及しないものの、観たひとが口を揃えて「良かった!」と言っていたので、これは相当なオススメなんだろうなって。観に行って良かったです✨🐱

(ここから先は内容に関する重大なネタバレのおそれがあります!!)

wikipediaにもすでに載っていますが、この作品は2016年アメリカ製作の「3Dストップモーション・アニメーションを用いたファンタジー・アクション冒険映画」日本を舞台にした、数奇な運命をもつ主人公のクボの物語です。

冒頭から映像に引き込まれてしまいました。「まばたきすら、してはならぬ!」他の国のひとから見た日本はこんな感じなのかな、と。ただ日本っぽいものを並べたわけではなくて、アプローチの仕方が誠実で、敬意をもって扱ってくれたんだなって感じがしました。着物や折り紙、ごはん、おはし、日本家屋、お祭り、灯籠流し、三味線、生魚、まさに文化というのは共通言語だなって。

竹取物語や天女の出てくる昔話に通じるイメージもあり、モノに霊が宿るアミニズム的な要素もあり、輪廻的な考え方もあり、語られなくとも伝わることがたくさんあるように感じました。最後のシーンは、日本が舞台の作品と考えると、死者が生き返ってきたわけではなく、去っていったひとたちもきっと近くで見守ってくれているよ……みたいな場面に思えました。でも、これが普通にアメリカの作品なら、KUBOの願いが通じて両親がよみがえったよ!良かったね!に思えてくるから不思議です。わたしの宗教観への偏見かもしれませんね。

劇場を出るときに、近くにいた小学生くらいのお子さんが「オレ、今まで観てきた映画でいちばんおもしろかった!」ってお母さんに向かって熱く話してましたが、それがすべてだと思います。すっごくおもしろいから、みんな見て!