読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mionote’s blog

猫と音楽とミステリー、映画が好きです🎶

映画『シン・ゴジラ』

観てきました!すごかった!

劇場で映画本編が始まる前に予告映像が流れますが、それで何回か思わせぶりな映像は観ていて、正直まったく興味がなかったんです。「あ、ゴジラだ」みたいな。キャラクターとしての認識というか、なんだろう、恐怖を感じる対象ではないというか……

でも、観たかたの熱いネタバレなしの感想を読んで、これを観ないなんてもったいないなって。劇場で観ないとって思いました。とにかく、ゴジラファン・エヴァファンにはたまらないとのこと。(そのかたは、両方のファンだそうです🎶) あと、怪獣映画として容赦ない。つまらない配慮がされていないので、フィクションとして楽しめないかたはやめておいた方がいいって声もあります。そのあたりは自衛してください。わたしは、作品自体がそのことときちんと向き合って作られているなって感じられて、大丈夫でした。迂闊に踏み込んだわけじゃなくて、ちゃんと誠意がある。って、ここからネタバレになってしまうかもしれないので、まだのかたは先に劇場へ観に行ってくださいね!

 

やっぱり最初の気持ちとしては「え?誰?」でした。え?どういうこと?なんで?分からない。何それ?って、もうその時点ですでに作品世界に取り込まれてます。未知との遭遇。会議のシーンや対策本部の設置など、細かい部分のやりとりに緊迫感とリアリティがありました。ひとの話を聞かない人あるある、結論ありきの会議あるある、感情論重視で根拠のないうっかり発言あるある。「なんか分かる」の積み重ねが、虚構を現実に強力にリンクさせる気がします。

ゴジラという存在の説得力。細かいツッコミを入れる余地がない合理的な解釈と説明・分析。リアリティです。

専門用語がカッコいい。「1」を「イチ」じゃなくて「ひと」って呼称するところとか。「ハチ(8)」との混同を避けるためでしょうか。あと、ゲンチャクとか。現(地到)着?

職業意識の高いオトナがそろってる。それだけで、すごくカッコいいです。余計な単独行動をしようとしない。これ大事です。ひとりのヒーローが活躍する話だと、単独行動こそ正しいみたいなのありますが……。

ゴジラの曲。かかった瞬間にキタ━(゚∀゚)━!ってなりました。詳しくないので印象ですが、最初のタイトルと「終」の文字のフォントや最後のシーンは、監督のゴジラ映画に対する愛なのかなって。

 

大きな画面で観るのが最高なので、劇場で楽しむことをオススメします。収容人数の大きな映画館で公開しているうちに、是非!